甘いものが好きな方へ

ダイエットをしようとする人の中には、甘いものが好きな人は少なくありません。甘いもの好きな人の方が多いのかも知れません。そんな人にとって甘いものや、食事を我慢するダイエットはキツイものでしょうね。どうしても甘いものが食べたくなってしまう。我慢することでストレスになってしまう。気を許した時に、ドカ食いしてしまい、リバウンドなんて言う方も少なくないでしょう。そんな人にお勧めしたいダイエット法があります。それが「食前デザートダイエット」です。

 

いつもならば食後に食べているデザートを食前に食べるのです。食事を食べる前にデザート、甘いものを摂るとどうなるのでしょうか。食前の甘いものは血糖値を上げます。そうすることで満腹中枢が刺激されて、その後に食べる食事の量が減らせることができるのです。甘いものは少量でもかなり満足することはどなたも実感済みでしょう。これを利用するのが「食前デザートダイエット」です。この

 

食前に食べるデザートですが、食事の30分前に水分と一緒に食べることが重要です。食前30分前に甘いものを食べることで血糖値が上昇して、血液の中のブドウ糖が増えます。このブドウ糖には、精神中枢を司る成分“セロトニン”を脳内へ運ぶ働きがあるのです。

 

このセロトニンが正常に流れないことで、いろいろな精神疾患が起きることが知られています。セロトニンが正常に流れて入れば心を落ち着かせたり満足感を与えたりします。ですから、食事前に甘いものを敢えて食べることでセロトニンを出し、食べ過ぎを防ぐことができるのです。

 

このセロトニンですが、出るのには20〜30分かかります。そのために食前30分前までに甘いものを食べることが効果的というわけです。一緒に摂る水分は、ミネラルウォーターや緑茶等がお勧めです。また甘いものに良く合うコーヒーや紅茶なども良いのですが、この時砂糖などは入れないようにすると良いでしょう。

 

最近食中に飲むようになってきた、無糖の炭酸水もお勧めです。満腹感も出ますから、食事が控えめになることでしょう。このダイエットで、甘いものなら何でも食べることが出来ると思うのは早合点です。あまりに高カロリーのものは少なくても摂取カロリーが多いものです。注意が必要です。適量を考えてください。

 

あくまでセロトニンを出すための甘いものなのです。50〜70kcal程度のデザートで良いのです。具体的には、クッキー1〜2枚、キャンディーでは3〜4個が目安です。かるくつまむ程度のデザートで効果が上がるのです。

 

 

今月アクセスが多かったページBEST3