晩御飯を早めに食べると痩せられるってホント?根拠は?

ダイエットというと、食事制限や運動を思い浮かべる方も多いと思います。もちろん、大幅に体重を落としたい!とお考えの方にはどうしても必要になってくるのですが、少し食べ過ぎて2,3kgだけ落としたい、なんていうときには、普段通りの食事量でも少し工夫をするだけで、ダイエットすることができるのです。

 

そのポイントは、「夕食を食べる時間」にあります。実は、夕食を早めに食べることで、ダイエット効果があるのです。

 

お腹が少し空いた状態で寝るのが最もダイエットに良いのですよ。人間は夜、寝ている間に体に脂肪を蓄えようとします。特に、寝ている間の中でも成長ホルモンが分泌される22時〜深夜2時にかけて脂肪が吸収されやすくなるのですが、もし22時に夕食を食べたとしたら、どうなると思いますか?答えは、食べたものが脂肪に変換される割合が高くなる、です。

 

なので、夕食は遅くても21時までにはとるようにしましょう。仕事などの関係で睡眠時間が一般的な人と異なる場合は、寝る前の2,3時間前を目安にしてとるようにしてください。

 

どうしても21時以降に小腹が空いてしまったときは、カロリーの少ないお茶や白湯などで我慢するしかありません。ここでお菓子などを食べてしまうと、早く夕食を済ませた効果が無くなってしまいます。なので、どうしても我慢できない人は早く寝てしまうのがいいと思います。

 

また、21時なりそうだからと言って、急いで食べてしまうと消化が悪くなってしまうので、そんなときは割り切って21時を過ぎてでもゆっくり噛んで食べましょう。適度な運動も付け加えると、もちろん効果はより発揮されますので、夕食後に少しお散歩をしたりするのもいいですね。

 

夕食を早く済ませ、寝ている間にできるだけ脂肪が吸収されないように気をつけるだけのダイエットは、体への負担も少なく、朝にお腹が空くために、早寝早起きにもつながるので、生活習慣の改善にもつながります。ぜひ、試してみてください。

今月アクセスが多かったページBEST3