脂肪燃焼スープダイエットのやり方・レシピ・効果は?

ダイエットに関する情報はインターネットやテレビ番組、さまざまな書籍など、ありとあらゆるメディアの中にあふれています。数あるダイエット方法の中のひとつに脂肪燃焼スープを食べるというダイエット方法があります。このダイエットは誰でも簡単に作ることができて、食物繊維の豊富な野菜をたっぷりと使った低カロリースープを毎日食べることで脂肪燃焼を促進させ、便秘も解消させるという方法です。

 

減量するには何も食べなければよいと思いがちですが、例えば何も食べずに一時的に体重を落とすことができたとしても、無理なダイエット方法で痩せても結果的には体を壊したり、便秘になったり、リバウンドしてしまう可能性が高くなります。その点脂肪燃焼スープダイエットは低カロリーで簡単に作れ、食物繊維の豊富な野菜たっぷりのスープを毎日食べることで、体に必要な栄養を取り入れつつ便秘にもよく無理なく減量することができます。

 

脂肪燃焼スープは、玉ねぎ、ピーマン、セロリ、キャベツなどの野菜を食べやすい大きさに切り、スープの素とホールトマトを大き目の鍋に入れ、材料がひたひたになるくらいまで水を入れて10分ほど煮て作ります。味付けに塩コショウやカレーパウダーなどを好みで使用するのもおすすめです。一日の中で好きなだけこの食物繊維の豊富な低カロリースープを食べることで効率よく減量できるレシピですが、スープ以外のものも食べることで効果は倍増します。

 

まず一日目にはバナナ以外の果物とスープだけを食べます。二日目にはスープと生やゆでた野菜を食べます。3日目にはスープと果物、野菜を好きなだけ食べますが、油を使って調理したものは除きます。4日目はスープ意外にバナナとスキムミルクとなるべくたくさんの水を飲むようにします。5日目には赤みの牛肉や鶏肉、煮魚などと共にトマトを食べます。トマトは一日で6個まで食べることが可能です。六日目には牛肉と野菜を好きなだけ食べ、スープも一杯は飲みます。七日目には玄米と野菜、甘くないフルーツジュースと最低一杯の脂肪燃焼スープを飲みます。
この方法を実践することで体重は5キロから8キログラム程度は減量する効果があります。

今月アクセスが多かったページBEST3