骨ストレッチのやり方と効果。腰痛・肩こり・ダイエットに効果あり?

骨ストレッチとは、骨を効果的に動かすストレッチのことです。肩こりや腰痛の改善のためなどに行う普通のストレッチは、筋肉を意識して行いますが骨ストレッチの場合は鎖骨を意識して動かします。鎖骨は肩甲骨や胸骨とつながっているので鎖骨を動かすことによって肩甲骨や胸骨も一緒に動かすことができ、筋肉を意識して行うストレッチよりも筋肉や関節に負担をかけずに肩こりや腰痛の改善効果を得ることができるのが特徴です。

 

骨ストレッチのやり方はとても簡単で、自宅で自分が好きな時間に行うことができるので、すぐに始めることができます。

 

肩こりに効果的な骨ストレッチのやり方は、まず顔の横で右手の親指と小指をくっつけて左手で右手の手首の骨を掴みます。このとき、顔は正面を向けたままにします。そして肩甲骨を意識しながら、身体を後方に7回ひねるようにしましょう。これだけで、肩周辺の可動域が広くなり肩周りの血行を促進することができるようになるため、肩こりの解消に効果があるのです。

 

次に腰痛改善に効果的な骨ストレッチのやり方は、椅子を用意して行います。肩こり解消のやり方と同じように顔の横で、右手の親指と小指をくっつけて左手で右手の手首の骨を掴みます。これは基本のポーズです。ポーズをとったら、そのまま真上に引っ張られるような感じで椅子に座ったり、立ったりを7回繰り返して行いましょう。

 

無駄な力が入らないので、自然に姿勢が正されて骨盤のずれを解消することができるようになります。そのため腰痛も改善されていくようになります。またウエスト引き締めのダイエット効果も期待することができます。やり方は親指と小指で鎖骨を上下にはさむようにして、そのまま体を左右に7回ひねります。そうすることで体幹を動かすことができインナーマッスルを刺激してウエストを引き締めることができます。

 

骨ストレッチは自分の好きな時間に行うことができますが、入浴後などの体が温まっているときに行うとより血行を促進することができるので効果的です。できるだけ毎日行うようにすることで、徐々に肩こりや腰痛を改善したりウエストのダイエット効果を実感することができるようになります。

今月アクセスが多かったページBEST3