炭水化物抜き・低炭水化物ダイエット成功の秘訣は?

炭水化物抜きダイエットは、即効性があり痩せやすいと注目されていますが、注意すべき点もあります。低炭水化物ダイエットの方がリバウンドしにくく成功しやすい方法です。

 

近頃は糖質カットや糖質オフといった食品や飲み物を見かけるようになりました。この糖質は炭水化物と関係があり、ダイエットしたい人は関心をそそるものとなっています。炭水化物には消化吸収される糖質があり、脳や体を動かす力として働きます。糖質は体にとって大切な栄養分で、ご飯、パン、芋、麺類、果物、お菓子などに含まれています。

 

炭水化物抜きダイエットは、このような糖質が含まれる食品を食事から完全に抜く方法です。完全に抜くと体にとっていかに負担がかかるかお分かりになるでしょう。

 

炭水化物は、体を動かし脳の働きを活性化させるために重要な栄養素です。その栄養素が体に全く入らなくなると、脳の働きが低下して体も弱ります。筋肉も落ちて力がなくなります。その他様々な体調不調が引き起こされてしまいます。

 

ですので、ダイエットする場合、炭水化物抜きではなく、低炭水化物ダイエットが体に負担がかかりにくい方法です。

 

低炭水化物は、食事からご飯やパンなどの炭水化物を完全に抜くことではなく、少なく摂取するという方法です。低炭水化物ダイエットは、いつも食べているご飯や、パン、麺類などの量を減らすことです。

 

低炭水化物にするには、いつも使っている茶碗のサイズを小さいものに替えることによって、摂取する量を自然と減らすことができます。また甘いものが好きな人にとっておやつを抜くことは苦痛になるものです。低炭水化物だと糖質の低いデザートも楽しめますので、ストレスを感じにくいです。

 

また、1日3食のすべてで炭水化物を減らすのが難しい場合、夕食だけ炭水化物を食べないという方法も有効です。朝食、昼食は普段通りに食べて、夕食だけは炭水化物を抜くだけですので、比較的実践しやすいでしょう。

 

さらに、夜8時以降は消化能力が低下するので、夕食はできるなら夜8時前までには食べ終わることがダイエットに効果的です。

 

今月アクセスが多かったページBEST3