生姜のダイエット効果や冷え性改善効果について解説

冷え性は熱を作るエネルギーが不足している事で体が熱を上手く作り出せない状態にあったり、熱を作り出せても血液の循環が悪い影響でその熱を末端の手足に運べないという事が原因で起こります。
冷え性は放置しておくと肩こり・腰痛や肥満体型につながったり、肌荒れやお腹の不調など様々な悪影響を体に引き起こす可能性があるので改善する必要があるでしょう。
そんな冷え性の改善法として有効だと言われているのが生姜です。

 

生姜は約9割が水分によって構成されている食材で残りの約1割が辛み成分にあたるのですが、この辛み成分の「ジンゲロール」と「ショウガオール」と呼ばれる成分が末端にある手足の血管を拡張して、血行を促進したり体温を上昇させて新陳代謝をアップさせる働きがあるのです。
そのため生姜を摂取する事で脂肪燃焼や糖の燃焼が促進されてダイエット効果が期待できますし、分泌量が多くなると太りにくい体質になると言われるホルモンの減少を防ぐ働きもあるので、ダイエット効果にプラスしてリバウンドしにくい体質に導いてくれる食材とも言えます。
またしょうがに関しては冷え性改善以外にも様々な効果が期待できます。

 

しょうがに含まれている辛み成分は殺菌作用が強いので、食中毒の予防や生臭さを消すために薬味として使われる事が多いですから、日頃から料理に添える薬味として使うなど、しょうがの殺菌作用を利用して食中毒に備えておくのも良いかもしれません。
またしょうがは殺菌作用だけではなく便秘の解消・デトックスやアンチエイジング・ガン予防など様々な効果を望める万能の食材ですから、冷え性改善やダイエット目的だけではなく健康目的で摂取するように心がけるのも良いでしょう。

 

ただ生姜で冷え性改善を図る場合は乾燥させたり加熱する事で、ジンゲロールがショウガオールに変化して体を温める作用が増すので、加熱調理をしたり乾燥しょうがで食べるようにしましょう。
摂取目安は1日10g程度だと言われているので過剰摂取には気を付けましょう。

今月アクセスが多かったページBEST3