太ってしまいひきこもりがちになってしまったのでダイエットを決意しました

20代後半、付き合っていた彼氏とも別れてしまいストレスなどで過食することが多くなってきました。
今では信じられないほどの量を食べていて、食べているときは幸福感を感じ一向に満腹感が得られないのです。
そんなことをしているうちに体重はどんどん増えていってしまい、ベスト体重を8キロオーバーしました。
4キロオーバーしたあたりから、着ている服がきつくなってしまったり疲れやすくなってしまい朝が起きれなくなってしまい
体重が増えたことへの嫌悪感から会社も辞めてしまい引きこもりがちになってしまいました。

 

私は太っていることへの異常なまでのコンプレックスがあるようで、太った自分を認めることができませんでした。
仕事がうまくいかないのも彼氏ができないのも、周りの友達がどんどん結婚していくのも全て自分が太っているせいだと
思いこんでいました。
ひきこもってから1年が経ち、金銭的な面でもそろそろ仕事を探さなくてはと思うようになってきました。
それでも太っている自分を偶然でも昔の同級生などに見られて噂されるのはプライドが許しませんでした。
そこで、玄米ウォーキングダイエットをすることにしました。
方法は、玄米は最高の栄養食なのでいくらでも食べてもいい、しかし間食は絶対にいけないというシンプルなものです。
そして有酸素運動として大股での股関節を意識したウォーキングを毎日1時間するようにしました。

 

もともと、甘いものよりもご飯が好きな私は玄米ならいくらでも食べてもいいという方法に好感がもてました。
玄米、お味噌汁、梅干し、おかずなどを思いきり食べます。
玄米をしっかり食べると不思議とお腹が減らずに、間食も我慢せずとも欲しくなくなりました。
玄米は白米より消化しにくいので、よく噛んで食べることにします。
よく噛むことで満腹感も得られてドカ食いしなくてすむようになりました。
玄米食のおかげで、乱れていた食生活から逃げ出せることができました。
最初の1ヶ月は体重が減らなかったのですが、ウォーキングのおかげもありお尻が小さくなり
ウエストにくびれも出始めました。
少しでも効果が出てくるとやる気がどんどん出てきて、長続きしない私が4ヶ月もウォーキングを続けることができました。
結果、8キロ減することができ、体のラインも見事に変わりました。
ひきこもりがちだった性格も一変し、就職活動も成功し結婚相手に繋がる相手とも出会うことができました。

 

全てを諦めてひきこもっていた時期から脱出できて本当に良かったです。
いくらでも玄米を食べていいというストレスフリーのダイエットが私にはとても合っていたのだと思います。

今月アクセスが多かったページBEST3