高脂血症の食事療法

高脂血症の食事療法は、まず一日に摂取するエネルギー量を適正に改善し、炭水化物やタンパク質、脂肪の配分はバランスよくしなければなりません。肥満の方は特に必ず守って欲しいことです。

 

自分が太り過ぎかどうかを見極めるための標準体重を知っておくといいです。

 

標準体重(s)=身長(m)×身長(m)×22

 

で、求めた数値より高い場合は、毎日の食事に気をつけましょう。

良質なタンパク質

高脂血症と診断された方は、良質なタンパク質を適量摂ることを心がける必要があります。

 

良質なタンパク質はLDLコレステロールを減らし、HDLコレステロールを増やす働きがあります。魚、肉、大豆製品、卵などはタンパク質が多い食品ですが、魚や大豆製品の脂肪分の少ないものを選ぶよう心がけましょう。

 

脂質からのエネルギー量は全体の20〜25%を目安とし、動物性脂肪は控えることが大切です。

食品にはコレステロールを含むものがたくさんあります。

卵類、レバーやモツなどの内臓類に多く含まれています。魚も内臓と魚卵はコレステロールが多いので注意が必要です。

 

まるごと食べるしらす干しのような小魚や、丸ごと食べるメザシ、わかさぎ、タラコ、数の子、イクラなどや白子、塩辛などは1回に食べる量と食べる頻度に注意が必要です。

 

食物繊維は十分に摂るようにしましょう。食物繊維は、血管壁のコレステロールの沈着を防ぐと言われています。野菜、海草、キノコ類などは毎食取り入れたい食品です。また、野菜に含まれるβカロテン、ビタミンCはLDLコレステロールの酸化変性を防ぎますので、1日の野菜摂取量350gは摂りたいですね。

甘いものの摂りすぎに注意しましょう。

甘いものはトリグリセライドを増加させる要因となります。菓子類、嗜好飲料などや料理に使用する砂糖も控えめにするようにします。

 

また、果物も要注意です。果物は栄養豊富だからどれだけ食べてもいいような気がしますが、高脂血症の方は、糖度のたかい果物は適量を守ることが大切です。みかんなら中2個、りんごなら中1/2個、バナナなら中1本が1日の果物摂取の適量です。

 

さらに塩分の摂りすぎは、血圧を上げる要因です。高血圧症を合併すると動脈硬化が進みます。高脂血症で高血圧症はとても危険です。

高脂血症とは??

高脂血症とは、いわゆるコレステロール値が高い状態の症状のことで、空腹時に測定した結成コレステロール値220r/dl、血清トリグリセリド(中性脂肪)150r/dlのいずれか、または、双方を超えるものとされています。

 

高脂血症は動脈硬化の原因となりますが、血中コレステロール全部が悪いというわけではく、善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)があります。善玉コレステロールが少なくても動脈硬化を起こしやすいので、高脂血症という病名は不適切ではないかと言われています。

 

そのため、低HDLコレステロール血症を含めた血中脂質の異常を、「脂質異常症」と言い表しています。

今月アクセスが多かったページBEST3