脂肪吸引施術前

脂肪吸引の手術をするにあたって、注意をすることは。

 

・数日前から体調を整え、調子が悪いときは無理をせず延期しましょう。

 

・手術後は入浴ができない期間があるので、前日には入浴をしましょう。

 

・飲食は前日の早めの夕食としましょう。お酒・タバコも控えます。

 

・当日は麻酔を使用するため、車の運転で来院しない。

 

・当日の服装は吸引部分を圧迫する衣服は避けて、ゆとりのある服装がいいです。また、むくみが出ることがあるので、靴はかかとの低いものが望ましいでしょう。

脂肪吸引施術後

脂肪吸引手術後の数日間は、痛みがあります。痛みが強い場合は痛みどめを服用した方がいいでしょう。

 

脂肪を取り除いた部分に、シワやたるみ出てくることがありますが、補正下着を着用することなどで徐々におさまってきます。

 

また脂肪吸引した皮膚が凸凹にならないように、マッサージを続ける必要があります。

 

脂肪吸引は脂肪細胞を除去する手術です。脂肪細胞自体は、思春期以降増えることはないため、脂肪細胞を除去すると、元には戻らないことを頭に入れておく必要があります。

痛みについて

脂肪吸引後の痛みは、強い筋肉痛のような痛みで、術後3〜4日ほどあると言われています。全く痛みが感じられなくなるには2〜3週間ほどと言われます。

 

そして脂肪吸引後の腫れは二の腕や腹部なら1ヶ月ほど、ヒップや脚なら3ヶ月ほどかかると言われています。
脂肪吸引の手術を受ける場合、日程に余裕を持って、休暇を入れたりする必要があります。

 

入浴に関しては、患部に貼ってあるガーゼテープがとれる3日後からシャワーができ、本格的な入浴はその1週間後からになります。

脂肪吸引後にリバウンド?

ダイエットというより、サイズダウンや見た目を美しく整えるのが脂肪吸引ですが、リバウンドはあるのでしょうか?

 

脂肪は非常に軽いため、体重はそれほど減りません。そのためダイエットのように体重が前より増えるというような、リバウンドはありません。

 

脂肪吸引は脂肪細胞そのものを除去するものですから、吸引した部位が急激に太るということもほとんどありません。

 

脂肪吸引を受けた直後は、腫れやむくみが出るため、一時的に体重が増えることがあります。なので、アフターケアとしてガードルなどの補正下着で吸引部位を圧迫して、むくみなどを早く解消することが必要です。

今月アクセスが多かったページBEST3