オメガ3系

油にはバターなど動物性脂肪に多い飽和脂肪酸と、植物の油や魚介類に多い不飽和脂肪酸があります。

 

さらに不飽和脂肪酸はオメガ3系、オメガ6系、オメガ9系に分類されます。最近、テレビや雑誌で「オメガ3系」の油が健康に良いと取り上げられ、スーパーなどでは品切れの状態になっています。

 

オメガ3系は、亜麻仁油やエゴマ油などがその代表で、α-リノレン酸が多い油として知られています。生活習慣病の予防にもなると言われ、油の優等生です。

 

亜麻仁油やエゴマ油などのオメガ3系脂肪酸は、ダイエットにも向いた油です。血液中の中性脂肪の増加を抑え、血圧を下げる効果がりますから、メタボを気にする年齢層に注目の油です。
ただし、熱を加えると酸化する性質があるので、低温保存し、ドレッシングなど生食に利用することをお薦めします。

オメガ6系・オメガ9系は?

オメガ6系は、大豆油、コーン油などのリノール酸で料理によく使われるポピュラーな油です。植物油だから健康によいとされていましたが、リノール酸の摂りすぎは肥満につながるとされ注意が必要です。

 

オメガ9系は、オレイン酸の多いオリーブ油、菜種油などで、酸化しにくい特徴があります。

 

ダイエットに向いているのが、オリーブ油です。特に新鮮なオリーブを圧縮して作った「エクストラヴァージンオイル」はダイエットにお薦めです。

 

このオイルは抗酸化作用の強いポリフェノールやオレウロペインが豊富に含まれ、体内で脂肪が増加するのを抑制してくれます。
熱にも強いので、炒め物にも使えるのがうれしいです。

 

普通のオリーブ油は精製処理がしてあるので、ポリフェノールが取り除かれてしまっているので、ダイエット効果があまり期待できません。
オリーブ油ならなんでもいいというわけではないのですね。

「調理方法」

ダイエットをしている人だけではなく、健康を考えるのであれば、油で揚げる、炒めるという調理法は極力避けるべきでしょう。

 

煮る、焼く、蒸す、という調理法に切り替えることで、自然に体重を落とすことができます。特に蒸し料理は素材の栄養素を損なわず、そのままの旨みもあるため、味付けが薄味にできますから、ダイエットにも健康にも一石二鳥です。

 

しかし、油の全部がダイエットの大敵というわけではありません。
体の代謝を活発にして脂肪細胞の増加を抑制する、ダイエットの助けになる油もあります。

 

油の性質を見極めてダイエットに向いた油を摂ることで、食事制限のストレスを減らすことができます。

今月アクセスが多かったページBEST3