血糖値をコントロールすることで痩せる

世の中には、なかなか痩せられない人もいれば、簡単に痩せる人がいます。これは何が違うのでしょうか。この二つのタイプの人が同じものを同じ量食べたとしても、違いは明らかに出てきます。痩せられないと言う人は、同じものを食べても太り、直ぐに痩せる人は太らないのです。これにはカロリー計算は関係ありませんね。摂取カロリーは同じなんですから。よくダイエットというと、直ぐにカロリーを気にする人が多いのですが、それだけでは測れないものがあるのです。では何故そのような、太る人、太らない人と、違いがあるのでしょうか。その原因はなんなのでしょうか。そのひとつが先に紹介した代謝です。代謝が良いと食べたものをしっかりと消化して、体内に脂肪を貯めこみません。燃焼されていくのです。極端な表現ですが、少々食べ過ぎてもふとることが無いのです。それに比べて代謝が悪い人は、食べたものが身になってしまうタイプと言えます。脂肪として体内に溜め込む体質なのです。ですからこの代謝はダイエットをする上で大変重要なものと言えるのです。もうひとつ大事なものが、血糖値です。血糖値というのは、血液中の糖の濃度を表しています。もしも血糖値が上がると糖濃度が高い状態になり、そして太りやすい状態と言えます。
逆に血糖値が下がれば、糖濃度が低い状態で、太りにくい状態と言えるのです。言い換えると、
血液に含まれているブドウ糖の量が血糖値で、その血糖値は、食事をする度に上がります。更に詳しく説明しましょう。毎日の食事で摂る食べ物は、
体内で消化酵素によって、栄養分が分解され、ブドウ糖になり、小腸で吸収されて、血液に乗って体中に運ばれています。
そして、体内時計によって予め血糖値が下がる時間帯は決まっているのです。決まっているので、そのタイミングで食事をすれば太らないとうことなのです。逆に間違ったタイミングで食事をしてしまうと、摂取カロリーが少なくても太ってしまうことになるのです。ダイエットに成功する食事の仕方は、ズバリ、これから活動する前に食事を取ることなのです。ですから、寝る前に食事をするなどは、ダイエットにはもっての外なのです。朝食にたくさんのものを食べてもその後の活動で、消費されるので、多めに食事をしても平気と言えます。ダイエットに理想的な食事は、朝たくさん食べて、夜は極力控える、というものです。そして運動も加えればきっと効果がでることでしょう。

効果的なダイエットには血糖値の特徴を知ることが重要です。

カロリー計算だけではない、痩せるメカニズムを理解した上で、効率的なダイエットと食事方法を実践したいものです。血糖値はそのための重要なポイントとなります。血糖値が下がる時に食事を取ることが太らない方法のひとつと言えるからです。実際に血糖値が下がる時間帯というのは、朝の6時から7時、そして10時から11時、16時から17時なのです。ですから、
この時間帯に食事をするれば、消化がスムーズに行なわれ、脂肪も溜まり難いのです。更には脳もすっきりして、身体も活発化してきます。体にとってとても良い時間帯だと覚えておきたいものです。この時間帯になるべく食事をすることで、太りにくい体質になることができるのです。良くダイエットというと直ぐに食事制限を考えがちですが、しっかりと食べることで、
身体のそれぞれの機能がしっかりと働き、余分なものを体外へ排出する様に働くようになります。そうして
デトックス効果が得られれば、ダイエットは成功に向かうでしょう。その上毒素が出るので、美肌になることもできるでしょう。健康になり、痩せて、しかも美肌になるので良いことづくめですね。まずは、朝食の時間に血糖値が下がっていますので、ここできちんと食事を取るようにしましょう。ダイエットだからと、
朝食を抜くと、ランチでどか食いをしてしまう可能性が出てきます。これでは意味がありません。またお昼ごろには代謝が落ちてきます。ランチで食べたものが消費されにくくなってしまいます。ですから
ダイエットの成功には、まずは朝食をきちんと取ることです。そして食事内容としては、エネルギー源になるような糖質を含んだ食事を摂りましょう。
そして、ランチでは割りとしっかりと食べることも大事です。その分、夜は軽くするようにしましょう。もちろん間食は控えてください。
ランチは、一日で一番重要です。栄養価が高く、バランスよく食べるようにすることが大事です。外食でも
小鉢がついた定食など、栄養を考えた食事をするようにしたいものです。そうして夜には、軽い食事を取るだけで、済ませるようにすれば きっと痩せていくようになることでしょう。

「砂糖と脂肪について」

ダイエットはカロリー摂取を控えめにして、バランスの良い食事を心がけることと、適度な運動を継続することで、健康的で素敵な体型が期待できます。

 

健康的でスリムになるためには、食事と運動が要になります。ダイエットのための食事で気をつけなければいけないのは、「砂糖と脂肪」を一緒に摂らないことです。

 

砂糖を摂るとインシュリン分泌が活発になりますから、脂肪が分解されずに蓄積されてしまいます。トーストにバターとジャム、ステーキの後にケーキのデザート、などなど数え上げればきりがないほどですが、女性の好きな食後のデザートはもってのほか、ということです。

 

若い人に多い、食事どきにお茶ではなく、コーラやジュースというのも太る原因のひとつです。ダイエットでカロリーを低くしても、食べ合わせが悪ければ意味がないことになってしまいます。

今月アクセスが多かったページBEST3