最近腸の健康が注目されています。

腸の中には、体の抵抗力になるいろんな菌が存在します。腸を健康にすることが体を健康にすることと言われるようにもなってきました。ダイエットにも、この腸は重要な働きをします。ダイエットをする人は、この腸内環境に注目してみましょう。

 

腸内環境が整っている人というのは、便秘をしません。便通が良いので不要なものを溜め込みません。最近の研究では、腸内細菌には肥満型腸内細菌と、その反対の痩せ型腸内細菌が、共存しているそうなのです。

 

とても興味あるところですね。どちらかが増えるとダイエットに成功するかどうかが決まってしまうのです。

 

腸内環境を良くする努力はダイエットの成功に、また健康に大変大事になります。具体的には、腸内に善玉菌を多くすることが大事なのです。

 

善玉菌は悪玉菌と戦ってくれるのです。そのためにも、善玉菌を増やすと言われている食品を日ごろから多く取る努力をしましょう。所謂発酵食品などを精々摂りたいものです。ヨーグルトや納豆、みそ、キムチなどです。

 

それと同時にオリゴ糖を取ることで更に効果が上がります。

 

善玉菌が増えるとビタミンの生成にも役立ちます。腸内環境を整えることは、ダイエットだけではなく、肌トラブルも改善してくれます。また、発がん物質を抑えたり、動脈硬化を予防したりと疾患予防にもよいことがわかっています。大変体に良いので、これからの生活の中で、腸内環境を意識して生活することが現代人には必要と言えます。

 

反対に、悪玉菌を増やしてしまうような食事は避けるべきです。例えば、肉類などのタンパク質のように消化されにくいものや、食物繊維があまり含まれていないもの、所謂ジャンクフードの摂取には注意が必要です。生活のなかでも、ストレスや不規則な生活によって悪玉菌は増えてしまいます。加齢でも悪玉菌が増えてしまう傾向にあります。年齢が高くなってきたならば、積極的に善玉菌を増やす努力が必要です。このように、健康のために、そしてダイエットの成功には腸内環境が重要な役割を果たしてくれるのです。

腸活の効果とは?腸もみ・ストレッチでダイエットできる?

腸活は腸内環境を正常にするために、食事の内容を変えるなどして体の中から変えていく方法です。
腸活をすれば、便秘を解消することになるのでダイエット効果もあるといえます。

 

食事を変えることも必要ですが、より腸内環境をよくしたいならば腸もみとストレッチをするとよいです。

 

腸もみをするためには、まずは仰向けになることからです。仰向けの状態になったら、わき腹からおへそに向かって揉んでいけば問題ありません。
腸もみを行うことで、腸が刺激されて温めることができます。腸内が冷えていると、動きが鈍くなり排便がスムーズにできないこともあります。

 

あとはストレッチも組み合わせて行うとよいです。体を伸ばすストレッチをすれば、腸も動くことになります。より効果的に腸が活動できるようになりますのでダイエットしやすい状態になります。
腸活は難しいことをする必要はありません。腸もみとストレッチで十分な効果がでますが、より効率的にダイエットを進めたいのであれば、腸を温めるとよいです。
温める方法は、お風呂に長めに入ることです。二十分程度湯船につかるようにすれば腸が温められて動きやすくなります。

 

腸もみとストレッチを行う際は、無理にやってはいけません。腸もみは痛みがでるほど強くやる必要はなく、マッサージするくらいの力加減でやることです。
ストレッチも痛みがない程度に毎日継続して行えば、何の問題もありません。

 

比較的短期間で効果がでますが、ある程度続ける必要がありますので毎日できる範囲でやることが必要です。
腸活を行えば毎日排便することができるようになるので、便秘になる可能性が減ります。便秘にならないということは、体の代謝の低下を防ぐことができるのでダイエットになります。

 

ダイエットができれば肥満にならないので、健康を維持することができます。
腸の動きが鈍ってきて、便がでないという状態になっているならば腸活を始める時期といえます。

 

簡単にできるので、長続きしない人でも成功しやすい方法です。

今月アクセスが多かったページBEST3