朝さつまいもダイエット

さつまいもを食べるダイエット法があります。名前もズバリ「朝さつまいもダイエット」です。さつまいもを朝食すのです。さつまいもを好む女性は多いものです。大学いももそうですし、焼き芋、イモけんぴ、干しいもなど、多くの女性がおやつにしています。しかし、どうしてもさつまいもは太るというイメージがありますから、敬遠しがちな食物のひとつになっています。そんなさつまいもを食べて痩せるなんて、信じられないかも知れませんが、さつまいもでダイエットをする方法があるのです。まず考えてください。さつまいもは、ごく少量でも満腹感が得られるので、摂取量がそれほど必要ではないというメリットがあるのです。その上、腹持ちがよいのです。ですから、朝さつまいもを食べると、ランチタイムまでしっかりとお腹は持ってくれるのです。そなると、おやつなどを食べることもなくなります。またさつまいもというのは、食物繊維が豊富な食べ物で有名ですね。便秘気味の方には、特にお勧めしたいものです。便秘の方だけでなく、普通の人が食べても、便通は大変良いですから、ここにもダイエット効果は期待できます。便秘が解消されると、代謝がアップし、太りにくい体になります。また、さつまいもは「ヤラピン」という腸に良い成分が含まれています。これを摂取すると腸の機能が活発になってきます。そうなると便秘解消は勿論のこと、体全体の健康に役立ちます。さつまいもはこのように体に大変良い食物であり、ダイエットにも適している食物とも言えます。さらに魅力的なメリットがあります。それは美容効果です。さつまいもの中には、美容成分も豊富に含まれており、特にビタミンB2、ビタミンC、ビタミンEが多く含まれています。なかでもビタミンEは血行を良くし、代謝も良くしてくれます。
代謝がよくなれば、痩せやすくなりますから、ダイエット効果は高いと言えるのです。

朝さつまいもダイエットと米食

朝にさつまいもだけを食べるダイエット。簡単で、効果が高いと評判です。提唱者の鈴木旬子さんは、このダイエットを16年もの間続けています。そして、今現在も理想的なボディーを維持されています。あなたも試してみませんか。方法は簡単。朝食として、さつまいもを食べるだけです。今までどんな朝食をとっていましたか。パン食ですか、それともご飯を食べていましたか。パン食ですと、往々にして、糖分と脂分の摂取が多くなりがちです。洋食はどうしてもカロリーが高くなります。日本食の基本である、ご飯は健康食としてはお勧めです。噛むほどにでんぷんが炭水化物に変わり、一日のエネルギーとなることでしょう。お米は炭水化物だけでなく、カルシウムやビタミンも摂取できます。その上低カロリーです。ダイエットをする方はご飯を基本にしている人も多いようです。そんなご飯より、カロリーが低いのがさつまいもなのです。ご飯一はお茶碗一杯で焼く250キロカロリーです。しかし、さつまいもは同じ量で、190キロカロリーなのです。
どうでしょうか。さつまいもを今一度見直してみませんか。ご飯と比べて、特に食物繊維の量が多いのも魅力です。ダイエットをするにあたり、食物繊維は大きな味方となることでしょう。便秘体質の方などは、ダイエット効果が更に高まることでしょう。またさつまいもで食物繊維を摂ることは、ダイエットのみならず、大腸の健康には効果的です。健康を考えた場合にもさつまいもは注目したい食べ物なのです。毎朝、さつまいもだけを食べるこのダイエット法。手軽ですし、さつまいもの腹持ちの良さも、見逃せませんね。あなたも一度試してみてはどうでしょうか。

今月アクセスが多かったページBEST3