ダイエットに効果的な食事の和食

最近の世界的な和食ブームは日本人として誇れる事ですね。今まで私たち日本人が食べてきた食事が世界で認められているのです。何故今、和食なのでしょうか。美的な要素も確かにあります。それとは別にダイエットを志向する人にとり、大変興味深い食事だからでしょう。日本人だけでなく、欧米を始め世界にダイエットをしたいる人がいます。ダイエットの方法はいろいろあるのですが、まずは食事の見直しが大事です。それはカロリー計算ではありません。確かに摂取するカロリーを減らすことで一時的に体重は落ちることでしょう。しかし、食事の制限は、長続きはしません。食欲との戦いを毎日するには、よほどの目的がないと辛いものです。そこで考えられるのが、食事内容を変えることです。欧米の方の食事は脂分、糖分が多いのが一般的です。近年の日本の食事も欧米化されてきて、昔より脂肪分、また動物性脂肪分の摂取量が増えてきています。それにつれて、日本人の肥満も増えてきています。ダイエットをするためには、まずは毎日の食事を見直すことが大変重要なのです。そこで和食なのです。和食は、野菜、魚、豆腐などを中心としたバランスの取れた食事です。この和食の基本を実践することで、ダイエットの成功は近づいてきます。世界が今、この和食に注目しています。我々日本人も、ダイエットのためだけでなく、健康のためにも今一度見直してみたいものです。

ダイエット効果のための食事回数と咀嚼

一日の食事回数を3回ではなく、五回若しくはそれ以上に増やすことで、ダイエットに効果がでてくるのです。回数が少なければ少ないほどに、消化吸収がよくなり、食べたものが身になっていきます。食事回数を減らす目的にはまた、空腹感を感じないようにすることもあります。食事回数が多いと一日の内で空腹になる時間は少なくなるのです。空腹感が少ないことで、おやつなどの間食をしなくなります。常に食事を摂ることで、余計なものを食さないようになるのです。また、空腹をかんじてしまう、ついついドカ食いをするようなってしまいます。
ドカ食いをしているとダイエットの成功はありません。過度の空腹にならないようにすることがダイエット成功へ道でもあるのです。ダイエットを成功させるために食事に関して、重要なことがあります。それはよく噛んで食べることです。一口ごとに30回は噛んで食べようと教えられたものですね。よく噛むことはダイエットに効果があるのです。
噛むことは、脳のなかの満腹中枢を刺激します。少しの量で、満腹感を得やすいのです。また素材の味がよく分かるので、薄味でもおいしいと感じられるようになります。咀嚼は体にとっても大事な事です。生活習慣病を予防できますし、口の周囲にある筋肉を何度も使い、顔の筋肉の若返りにも役立つのです。
ですから、食事はゆっくりと時間をかけて、ゆったりとした気分で食べるようにしましょう。

今月アクセスが多かったページBEST3