腹横筋を鍛えるトレーニングのやり方

腹横筋を鍛えてみたいという方におすすめの解説動画をご紹介します。トレーニングの参考にしてみてください。

 

 

ドローインという言葉よく聞きますよね。腹横筋といってですね体幹、コアの筋肉の一番奥にある筋肉ですね。ですけどMRIとかで見るとですねやはりトレーニングをすればきちんと筋肉はついてます。データもきちんと出てます。一番奥についていて内蔵が下垂したりする、あと呼吸を使ったりする、こういう時に使われる筋肉ですね。

 

1番後ろのですね胸腰筋膜っていう薄い膜にも繋がっていてですね体幹全体をぎゅっと引き締める役割にもなっています。この筋肉は体幹を固定するっていう意味では凄く必要な筋肉、あとは障害予防、ここの腹横筋が弱いと腰が反っちゃってですね腰痛にも凄いなりやすいです。今からちょっとこのエクササイズをお見せします。

 

まずひとつですねダンベルを1個用意して下さい。1キロですね。ダンベルがなかったら軽い重さのものでいいです。まずこれ置きますね。じゃあまずいきなりお見せしますよ。まず鼻から大きく…で浮きましたよね。口から息を吹く。凹みましたよねこういうふうにして。へこませることによって腹横筋が置くまでぐーっと凹ませて内蔵を圧迫する、こういうふうにして腹圧を高めて固定するって役割ですね。この状態で固定して、腹横筋を固定した状態から次は分離と共同ですね。

 

固定した状態から上半身だけを動かします。じゃあいきましょう。2秒ではい。1,2ですね。で1,2,3で戻していく。これをまた8回やります。これが終わったら次は足ですね。じゃあお見せします。1,2、1,2,3ですね。勿論過負荷の減速ですから今の形を伸ばしてやる状態でもいいです。せーの1,2ですね、こういう形でも構いません。でまた膝を曲げて。最後が両手両足を交互に一気に行う形ですね。やるときはいつもドローインですねしっかりお腹を凹ませた状態をキープして片手片足ずついきましょう。せーの1,2、1,2,3。今度逆いきますよ。1,2、この時にしっかりここが固定されている1,2,3ですね。はいありがとうございます。

 

今みたいな形、いろいろ出来ます。このままこっちとこっちをこういうふうにして上げてきても構わないですし、やり方自体はどうでも出来ますね。今度はこのまま両手を上げながら両足をあげましょうか。こうでもまあ良いわけですよね。はいゆっくり戻しましょう。

 

ドローインのエクササイズは斬新的に不可をかけていくことが大事です。固定したら分離と共同ですよね。分離してここだけを固定してあとは股関節と上半身を動かす。前回のファンクショナルのトレーニングとやってることは一緒ですけどきちんとポイントはお腹をへこました状態で体幹を固定した状態で行うこれを意識してやって下さい。お願いします。

今月アクセスが多かったページBEST3